第10回スマラボ「学びを哲学する」

スマラボの開催も10回目を終えることが出来ました。

今回も多くの皆様にご参加いただきました。 本当にありがとうございました。 スマラボは、能動的協同学習のスタイルで行っています。 参加された方々の気づきとわかち合いによって、学びが立体的になり、実生活とリンクして考えられるのが特徴です。

さて、10回目のスマラボは、「"学ぶ"を哲学する」と題して、数多くのアクティビティを行ない、今回のテーマに対して体験的に接近するという方法を取りました。

今回の目的と目標は、以下を設定しました。 【目的】“学び取る力"を獲得する 【到達目標】 ◎学びのフレームを知る ◎学びのフレームが使えるようになる こうしたことを得られるようにするために、「学びのフィードバックモデル」というものを前もってご紹介し、アクティビティを行いつつ、そのモデルを活用しながら、振り返りとわかち合いを行っていきました。

同じ経験をしても、人によって感じることや捉えることや気づくことに違いがあります。 それらを学びのフレームを使って分かち合うことで学びに深まりと広がりが生まれます。

そうした経験を繰り返し行っていくことで、学ぶ姿勢が整い、“学び取る力”が養われていくのだと考えられます。 スマラボは、ご参加くださった皆さんの貢献によって、楽しくあり意味が感じられる学習の場が形成されています。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​​​​© 2016 by SmartBeingLLC

  • facebook-square
  • Twitter Square