第3回スマラボ「強みを哲学する〜才能(じぶん)を生かす秘訣〜」

第3回Smart Laboの ご報告をさせて頂きます。

今回のSmart Laboは、 ストレングスセンター・ジャパン代表 森川里美さんとコラボして、 強みを哲学しました。

強みを活かす研究については、近年注目を集めているポジティブ心理学でも盛んに行われている領域です。 今回実施した「ストレングスファインダー」は、アメリカのギャラップ社が200万人のデータを集め、分析・開発した才能特定ツールです。 ストレングスファインダーでは、強みを34の資質に分類しており、180問の質問に回答すると、その人の強みとなる資質が分かるようになっています。 まずはじめは、「基本的欲求」 に関連した簡単な自己紹介ゲームでグループ分けをした後、トリガークエスチョンとして、次の問いについて考えました。 Q.「自分の強みがわかったら、どんないいことがありますか?」 参加された皆さんからは、 「貢献できる」、 「人を笑顔にできる」、 「成長できる」、 「意思決定しやすい」、 「仲間を増やせる」など、 41項目の利点が挙がりました。

後半は、事前に調べてきていただいたストレングスの上位5つについて、講師の森川さんから参加者ひとり一人の特性と、それを活かす方法を解説いただきました。

森川さんの解説は、とても分かりやすく、かつ笑いが絶えない面白さがありましたが、何よりもひとり一人の特性を解説する際の温かさがすばらしかったです。

学習の締めくくりの分ち合いでは、皆さんから以下のような感想をいただきました。 「自分強みを知るだけでなく、他の人の強みを理解すると、もっと気分良く働けるようになる」 「グループワークによって、理解が深まった」 「強みは行動することによって変化するし、また行動することが強みを育てることになると感じた」 「自分でも知らず知らずのうちに、自分に適した場所を選んでいたのだということが分かった」 「チームのメンバーの強みを意識すると、とても機能的に働くことができ、関わる人たちがイキイキとできる場が創れると思う」 今回も皆さんのご協力により、深い学びが得られました。

ありがとうございました。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​​​​© 2016 by SmartBeingLLC

  • facebook-square
  • Twitter Square