第6回スマラボ「かたづけを哲学する」

第6回SmartLabo(通称スマラボ)では、毎回様々なことについて哲学しています。

今回は「かたづけを哲学する」と題して、かたづけを通して自分らしさや生き様などを考える「かたづけ道」を探求しました。 スマラボは、大変嬉しいことにリピーターの方が多いため、参加者の皆さんの学びの熱意が高く、ウォームアップの質問から深い回答が数多く見られました。

今回のゲストスピーカーは、TVや雑誌でご活躍のかたづけ士・小松易 さんでした。 小松さんは、クイズを交えながら「モノから考えるかたづけ道」について、単なるかたづけのやり方ではなく、意思決定力を高めるかたづけの極意を分かりやすく教えて下さいました。

また後半は、「ココロから考えるかたづけ道」ということでSmartBeingが開発した『メンタルオーガナイズ』をご紹介し、ココロの整え方について考えました。

かたづけとは、整理することです。 整理という文字は、「理」を「整」えると書きます。 さて、「理」を「整」えるとはどういう意味なのでしょうか? Wikipediaによれば、「理」は中国哲学の概念で、璞(あらたま)を磨いて美しい模様を出すことを意味するとされています。 この璞とは、「その真価や完成された姿をまだ発揮していないが素質のある人」を表す言葉です。 ここからは独自の解釈になりますが、整理するということは、次のように捉えられるのではないでしょうか。

「整理とは、自らの素質に磨きをかけ、真価を発揮できるようにすること」 これこそが「かたづけ道」なのではないでしょうか。

今回のスマラボも楽しみながら知を探求できました。

ゲストスピーカーの小松さん、ご協力ありがとうございました。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​​​​© 2016 by SmartBeingLLC

  • facebook-square
  • Twitter Square